LOOTONE ARTWORKS
"HUF"

"HUF"

LOOTONE Collage&Design 2014
www.lootone.com

LOOTONE Collage&Design 2014

www.lootone.com

"The White Little Bird 2"
「白い小鳥 2」
絵(Artwork)・文(Story) LOOTONE

Once upon a time, there was a small forest. In the small forest lived a beautiful princess, her grandmother who was sick in bed and few animals.  The air was polluted from the past wars that everyone wore a gas mask for a survival. The pollution in the air made the apple that grew in the forest poisonous. The only food was the “roots” that smelt of dirt.  Everyone including the princess had to dig through the muddy dirt for food and lived miserably. 昔あるところに 小さな森がありました。その森には 美しいお姫さまと 病気で寝たきりのおばあさまと 数匹の小さな動物たちが 住んでいました。 森の空気は もっと昔の争いによって 汚染されていたため みんなはガスマスクをつけて 生活していました。 森の木になるリンゴも 汚染された空気によって 毒を含んでいました。そのため お姫さまたちは 毒に汚染されていない 地中深くの 泥臭い木の根っこを泥だらけになりながら掘りだし 食べて ほそぼそと 暮らしていました。
One day, a white little bird flew in from outside the forest. The princess was surprised and asked the grandmother,“Grandmother, why isn’t the white bird wearing a mask? How come the bird can eat the poisoned apple?”The grandmother replied,“According to the legend, the white little bird is a messenger of God and the poison does not work…I’ve also heard that if you eat the bird, then you will be immune to poison…But, since the white little bird is a messenger of God, it is hard to catch them and even so, if you eat the bird, you will be punished…”But the princess who was tired of eating roots of the tree thought,“Although grandmother warned me, I’m sick of only eating roots…I want to catch the white little bird and fill myself with those delicious looking apples on the tree.ある虹の日 一羽の白い小鳥が 森の外から飛んできました。そして 森の毒を含んだリンゴを ついばみました。それを見たお姫さまは 驚き 寝たきりのおばあさまに たずねました。 「ねぇ おばあさま。  森の外から来た 白い小鳥は なぜ ガスマスクをつけなくても平気なの?  なぜ 毒のリンゴを食べても平気なの?」おばあさまは 言いました。 「昔の言い伝えで 白い小鳥は 神さまの使いで 毒が効かないと聞いておる…。  その鳥を食べた者は 同じように毒が効かなくなると言われておる…。  だが 白い小鳥は 神様の使いだから とてもかしこくて なかなか捕まえることができん。  捕まえて食べたとしても 神様の罰があたる・・・。」 泥臭い木の根っこを食べ続けることが とても嫌だった お姫さまは「おばあさまから忠告されたけれど もう木の根っこを食べるのは うんざり・・。あの白い小鳥を捕まえて食べて 森の木になるあのおいしそうなリンゴを お腹いっぱい食べたいわ・・。」On a next rainbow day, white little bird came to the forest to eat the apples. The princess softly spoke to the bird that was eating the apple deliciously,“How are you cute little birdy.”She spoke of the forest, herself, the precious animals in the forest…and about her grandmother who was sick in bed…But the white little bird ignored and kept ignoring. After a year, the white little bird replied to the princess,“Princess with gas mask, there is no point of talking to me. You can never capture me for I am very smart”Then three years past by after the bird spoke back. The grandmother who was in bed became more ill, lost weight and past away. Even after her grandmother’s death the princess would talk softly to the white little bird  that came on rainbow days.  About the forest, herself, the precious animals in the forest, and about her grandmother who lost so much weight and past away. But by then, white little bird came around and replied to the princess.次の虹の日 白い小鳥が森のリンゴを食べにやってきました。 森のリンゴをおいしそうについばむ白い小鳥に お姫さまはやさしく話しかけました。 「こんにちは かわいい小鳥さん。」 虹の日に白い小鳥が森に来るたび お姫さまはやさしく話かけました。 「ご機嫌いかが? かわいい小鳥さん。」 森のこと自分のこと大切な森の動物たちのこと寝たきりのおばあさまのこと・・・ リンゴをついばむ白い小鳥は やさしく話しかけるお姫さまをずっと無視していました。 一年が経つころ やさしく話しかけるお姫さまに白い小鳥がこたえました。 「ガスマスクをつけたお姫さま 私に話しかけても無駄だよ。  それに私を捕まえようとしても 捕まえることは出来ないよ。  なぜなら私はとてもかしこいんだ。」それからさらに三年が経ちました。 寝たきりのおばあさまは 病気がひどくなり やせ細り 亡くなりました。それでも お姫さまは 虹の日に来る白い小鳥にやさしく話しかけました。 森のこと自分のこと大切な森の動物たちのこと やせ細って亡くなったおばあさまのこと・・・ そのころには 白い小鳥も話に応じるようになっていました。
On one rainbow day, when the white little bird and the princess was talking, The princess said with a surprised tone,“Oh white little birdy, there is a black feather growing on your back…your cute white body looks dirty!”, When the white little bird was surprised and turned around to see, the princess reached into the apple that she was hiding in the pocket. And then threw it hard at the bird.ある虹の日 いつものように白い小鳥と話をしていると お姫さまが驚いて言いました。 「あら? 白い小鳥さん。  背中に黒い羽が一本生えているわ・・白くてかわいい身体が汚れてみえるわ!」その言葉に驚き 背中を向いた白い小鳥に お姫様は ポケットに隠しておいたリンゴを取り出し強く投げつけました。
The apple struck the white little bird, landed on the ground and died.リンゴは白い小鳥に当たり 白い小鳥はリンゴと一緒に ぽとりと落ちて 死にました。

The princess was waiting for this chance for a long time.“I will now be able to eat the apple that grow on trees in this forest. I won’t have to eat the smelly roots anymore.”,The princess cut the white little bird in pieces and shared with the animals.“Here you go everyone, as grandmother said, if you eat the bird you don’t have to wear  the gas mask anymore. You’ll be immune to poison. We can finally lead a normal life.”お姫さまは 白い小鳥を捕まえる機会をずっと待っていたのでした。 「これで森のリンゴを食べることができるわ もう泥臭い木の根っこを食べなくていいんだわ。」お姫さまは白い小鳥の身体を刃物で切り裂き 森の動物たちにもその肉を分け与えました。 「さあ みんな もうガスマスクをしなくてもいいのよ。おばあさまが言っていたの。  言い伝えで 白い小鳥を食べた者は毒が効かなくなるって。  やっと普通の生活ができるのよ。」
The princess took off the gasmask. After seeing her beautiful smile, the animals in the forest also happily took off their gas mask and ate the apple. The apple was sweet and delicious making everyone to smile.ガスマスクを取った お姫さまの美しい笑顔を見た森の動物たちは 喜んでガスマスクをとり リンゴをほおばりました。リンゴはとても甘く とてもおいしく 森の動物たちはとても幸せな気持ちになりました。 美しいお姫さまと森の動物たちは仲良く笑顔でリンゴをほおばりました。But on next rainbow day, everyone was gone from the forest. The legend was only a myth.  The beautiful princess and the animals in the forest weaken by the day, lost weight.  The small animals past away first, as if they were a sleep.  The beautiful princess was the last, she past away smiling and as if she was a sleep. Since no one was there to eat the roots of the tree anymore,  the tree grew bigger red apple ever after. THE END次の虹の日 森には誰もいなくなりました。 白い小鳥の言い伝えは まやかしで 白い小鳥を食べても毒が効かなくなることはありませんでした。 美しいお姫さまと森の動物たちは日に日に弱っていき やせ細り 小さい動物から眠るように死んでいきました。 森のなかでひとりになった美しいお姫さまは 美しいままで 笑顔で 眠るように死んでいきました。 木の根っこを食べる者がいなくなった森の木のリンゴは お姫さまがいた時よりも 紅くて大きな実をつけるようになりました。END(おしまい)

"The White Little Bird 2"

「白い小鳥 2」

絵(Artwork)・文(Story) LOOTONE

Once upon a time, there was a small forest.
In the small forest lived a beautiful princess, her grandmother who was sick in bed and few animals.
The air was polluted from the past wars that everyone wore a gas mask for a survival.
The pollution in the air made the apple that grew in the forest poisonous.
The only food was the “roots” that smelt of dirt.
Everyone including the princess had to dig through the muddy dirt for food and lived miserably.


昔あるところに 小さな森がありました。

その森には 美しいお姫さまと 病気で寝たきりのおばあさまと 数匹の小さな動物たちが 住んでいました。

森の空気は もっと昔の争いによって 汚染されていたため みんなはガスマスクをつけて 生活していました。



森の木になるリンゴも 汚染された空気によって 毒を含んでいました。

そのため お姫さまたちは 毒に汚染されていない 地中深くの 泥臭い木の根っこを泥だらけになりながら掘りだし 食べて ほそぼそと 暮らしていました。

One day, a white little bird flew in from outside the forest.
The princess was surprised and asked the grandmother,

“Grandmother, why isn’t the white bird wearing a mask?
How come the bird can eat the poisoned apple?”
The grandmother replied,
“According to the legend, the white little bird is a messenger of God and the poison
does not work…I’ve also heard that if you eat the bird, then you will be immune to poison…
But, since the white little bird is a messenger of God, it is hard to catch them and even
so, if you eat the bird, you will be punished…”
But the princess who was tired of eating roots of the tree thought,
“Although grandmother warned me, I’m sick of only eating roots…
I want to catch the white little bird and fill myself with those delicious looking apples on the tree.


ある虹の日 一羽の白い小鳥が 森の外から飛んできました。

そして 森の毒を含んだリンゴを ついばみました。

それを見たお姫さまは 驚き 寝たきりのおばあさまに たずねました。

「ねぇ おばあさま。

 森の外から来た 白い小鳥は なぜ ガスマスクをつけなくても平気なの?

 なぜ 毒のリンゴを食べても平気なの?」

おばあさまは 言いました。

「昔の言い伝えで 白い小鳥は 神さまの使いで 毒が効かないと聞いておる…。

 その鳥を食べた者は 同じように毒が効かなくなると言われておる…。

 だが 白い小鳥は 神様の使いだから とてもかしこくて なかなか捕まえることができん。

 捕まえて食べたとしても 神様の罰があたる・・・。」

泥臭い木の根っこを食べ続けることが とても嫌だった お姫さまは

「おばあさまから忠告されたけれど もう木の根っこを食べるのは うんざり・・。

あの白い小鳥を捕まえて食べて 森の木になるあのおいしそうなリンゴを お腹いっぱい食べたいわ・・。」

On a next rainbow day, white little bird came to the forest to eat the apples.
The princess softly spoke to the bird that was eating the apple deliciously,
“How are you cute little birdy.”
She spoke of the forest, herself, the precious animals
in the forest…and about her grandmother who was sick in bed…
But the white little bird ignored and kept ignoring.
After a year, the white little bird replied to the princess,
“Princess with gas mask, there is no point of talking to me.
You can never capture me for I am very smart”

Then three years past by after the bird spoke back.

The grandmother who was in bed became more ill, lost weight and past away.
Even after her grandmother’s death the princess would talk softly to the white little bird
that came on rainbow days.

About the forest, herself, the precious animals in the forest, and
about her grandmother who lost so much weight and past away.
But by then, white little bird came around and replied to the princess.


次の虹の日 白い小鳥が森のリンゴを食べにやってきました。

森のリンゴをおいしそうについばむ白い小鳥に お姫さまはやさしく話しかけました。

「こんにちは かわいい小鳥さん。」

虹の日に白い小鳥が森に来るたび お姫さまはやさしく話かけました。

「ご機嫌いかが? かわいい小鳥さん。」

森のこと

自分のこと

大切な森の動物たちのこと

寝たきりのおばあさまのこと・・・



リンゴをついばむ白い小鳥は やさしく話しかけるお姫さまをずっと無視していました。



一年が経つころ やさしく話しかけるお姫さまに白い小鳥がこたえました。

「ガスマスクをつけたお姫さま 私に話しかけても無駄だよ。

 それに私を捕まえようとしても 捕まえることは出来ないよ。

 なぜなら私はとてもかしこいんだ。」



それからさらに三年が経ちました。



寝たきりのおばあさまは 病気がひどくなり やせ細り 亡くなりました。

それでも お姫さまは 虹の日に来る白い小鳥にやさしく話しかけました。

森のこと

自分のこと

大切な森の動物たちのこと

やせ細って亡くなったおばあさまのこと・・・



そのころには 白い小鳥も話に応じるようになっていました。

On one rainbow day, when the white little bird and the princess was talking,
The princess said with a surprised tone,
“Oh white little birdy, there is a black feather growing on your back…
your cute white body looks dirty!”,
When the white little bird was surprised and turned around to see,
the princess reached into the apple that she was hiding in the pocket.
And then threw it hard at the bird.


ある虹の日 いつものように白い小鳥と話をしていると お姫さまが驚いて言いました。

「あら? 白い小鳥さん。

 背中に黒い羽が一本生えているわ・・白くてかわいい身体が汚れてみえるわ!」

その言葉に驚き 背中を向いた白い小鳥に お姫様は ポケットに隠しておいたリンゴを取り出し

強く投げつけました。


The apple struck the white little bird,
landed on the ground and died.


リンゴは白い小鳥に当たり 白い小鳥はリンゴと一緒に ぽとりと落ちて 死にました。

The princess was waiting for this chance for a long time.
“I will now be able to eat the apple that grow on trees in this forest.
I won’t have to eat the smelly roots anymore.”,
The princess cut the white little bird in pieces and shared with the animals.
“Here you go everyone, as grandmother said, if you eat the bird you don’t have to wear
the gas mask anymore. You’ll be immune to poison.
We can finally lead a normal life.”


お姫さまは 白い小鳥を捕まえる機会をずっと待っていたのでした。

「これで森のリンゴを食べることができるわ もう泥臭い木の根っこを食べなくていいんだわ。」

お姫さまは白い小鳥の身体を刃物で切り裂き 森の動物たちにもその肉を分け与えました。

「さあ みんな もうガスマスクをしなくてもいいのよ。おばあさまが言っていたの。

 言い伝えで 白い小鳥を食べた者は毒が効かなくなるって。

 やっと普通の生活ができるのよ。」

The princess took off the gasmask. After seeing her beautiful smile, the animals in the forest also
happily took off their gas mask and ate the apple.
The apple was sweet and delicious making everyone to smile.


ガスマスクを取った お姫さまの美しい笑顔を見た森の動物たちは 喜んでガスマスクをとり リンゴをほおばりました。

リンゴはとても甘く とてもおいしく 森の動物たちはとても幸せな気持ちになりました。

美しいお姫さまと森の動物たちは仲良く笑顔でリンゴをほおばりました。

But on next rainbow day, everyone was gone from the forest.
The legend was only a myth.
The beautiful princess and the animals in the forest weaken by the day, lost weight.
The small animals past away first, as if they were a sleep.
The beautiful princess was the last, she past away smiling and as if she was a sleep.
Since no one was there to eat the roots of the tree anymore,
the tree grew bigger red apple ever after.

THE END


次の虹の日 森には誰もいなくなりました。

白い小鳥の言い伝えは まやかしで 白い小鳥を食べても毒が効かなくなることはありませんでした。

美しいお姫さまと森の動物たちは日に日に弱っていき やせ細り 小さい動物から眠るように死んでいきました。

森のなかでひとりになった美しいお姫さまは 美しいままで 笑顔で 眠るように死んでいきました。

木の根っこを食べる者がいなくなった森の木のリンゴは お姫さまがいた時よりも 紅くて大きな実をつけるようになりました。



END(おしまい)

LOOTONE Artwork 2014
"Blue Poppy”
Acrylic painting
Size A4(210mm X 297mm)
www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014

"Blue Poppy”

Acrylic painting

Size A4(210mm X 297mm)

www.lootone.com

LOOTONE Design 2014

www.lootone.com

ロックバンド「MAN WITH A MISSION」の企画

「TAKE 発注 WANT T-SHIRT」第一次審査で、

自分のデザイン2つがノミネートされました。

9月7日までに、一般投票にて、デザインが決まります。

皆さん、よろしくお願いいたします。

↓↓↓

http://mwamgoods.com/

LOOTONE Artwork 2014
"Mona Lisa"
Size A4
www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014

"Mona Lisa"

Size A4

www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014
"Cat"
www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014

"Cat"

www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2013
www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2013

www.lootone.com

lootone:

Rock Steady Crew

LOOTONE Artwork 2012
www.lootone.com

lootone:

Rock Steady Crew

LOOTONE Artwork 2012

www.lootone.com

LOOTONE Design 2014
"Monster Burger"
www.lootone.com

LOOTONE Design 2014

"Monster Burger"

www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014 “Snow White”Size A4
www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014

“Snow White”

Size A4

www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014

"Upside-down"

www.lootone.com

LOOTONE Design 2014
www.lootone.com

LOOTONE Design 2014

www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014
 
"The White Little Bird 1"

絵・文 LOOTONE
Artwork&Story   LOOTONE
 
昔あるところに 小さな森に住む 美しいお姫さまがいました。
森に住む動物たちは 美しいお姫さまが大好きです。
だけど お姫さまは 自分の美しさが永遠でないことに気づいていました。
どうすれば自分が老いて醜くなっても 森の動物たちが ずっと自分のことを好きでいてくれるか・・・
悩み考え抜いたお姫さまは 森の動物たちに ウソをつくことにしました。
Once upon a time, there lived a beautiful princess in a small forest.
The animals in the forest loved the beautiful princess.
One day the princess realized that her beauty is not forever.
Then she wondered if the animals in the forest would love her the same when 
she aged and her beauty wares off…
After a long thought, she decided to lie to the animals in the forest. 
 
「森の外は空気が汚染されていて とても危険です。
森からは 出てはいけません。
森の中も これから少しづつ空気が汚染されていくでしょう・・・。
汚染された空気を吸わないように みんなでガスマスクをつけて 暮らしましょう。」
美しいお姫さまが大好きな森の動物たちは 疑うこともなく ガスマスクをつけて暮らしました。
“The air outside the forest is polluted, very dangerous 
and no one shall leave the forest. We shall all wear a mask as
this forest will be polluted slowly as well.”
The animals that loved the beautiful princess did not
doubt what the princess said and wore a gas mask.
 
ガスマスクをつけたことにより お姫さまの美しいお顔は見えなくなり 森の動物たちの記憶には お姫さまの美しいお顔がずっと残ることになりました。
季節が変わるころ 森の外から 一羽の白い小鳥がやってきました。
誰よりも先に その白い小鳥に気づいたお姫さまは慌てました。
「森の外からやってきた ガスマスクをつけていないあの白い小鳥が 動物たちに見つかると 空気が汚染されていないことがばれてしまう・・・。あの白い小鳥を殺さなきゃ・・・。」
By wearing a gas mask the princess’s beautiful face was covered and her beauty remained 
in the animals mind forever. 
However, one change of season’s day, a white bird flew in from outside of the forest…
The princess was the first one to see the white bird and panicked, 
“If the animals saw the white bird that flew in from outside the forest, they will
find out that the air is not polluted…I must kill that white bird…”
 
雨がやみ 大きな虹が青空に浮かんだ日 お姫さまは白い小鳥に話しかけました。
「こんにちは かわいい小鳥さん、この森に来たことを歓迎するわ。
この森で取れたおいしいリンゴよ。どうぞ召し上がれ。」
喜んだ白い小鳥は お姫さまにお礼をいい そのリンゴを一口 二口 と食べました。
The princess went to talk to the white bird one afternoon, 
when the rain stopped and the big rainbow appeared in the blue sky.
“Hello, cute little birdy, I welcome you to the forest. 
Here is an apple freshly picked from the forest”,
The white bird was very pleased and after thanking the princess, took a bite.
 
しばらくすると リンゴを食べた白い小鳥は もがき苦しみ 木の枝から地面に ぽとり と落ちて死にました。
After a while, the white bird that ate the apple started to struggle in pain,
fell from the tree and died.
 
 
白い小鳥が食べたリンゴは、お姫さまが雨の日に作った 毒入りのリンゴでした。
リンゴを隠し お姫さまは 死んだ白い小鳥のそばに 森の動物たちを集めて言いました。
「ほら 空気が汚染されているでしょう。ガスマスクをはずすと死んじゃうから ガスマスクはつけたままで暮らすのよ。」
死んだ一羽の白い小鳥をみて 本当に空気が汚染されていると思った 森の動物たちは それからも ずっとガスマスクをつけて お姫様といっしょに暮らしました。
The apple that the white bird ate was a poisoned apple princess made on rainy day.
The princess hid the apple and gathered the animals.
“See, the air is polluted, never take off the gas mask or else you will die too”, said the princess.
The animals believed that the air was polluted from the look of the dead white bird and lived
with the gas mask ever after with the princess.
 
 
また 季節が変わります。
 
 
白い小鳥が死んだ 次の年から お姫様が作ったたくさんの毒入りのリンゴが 森の木々の枝に ぶら下がります。
森の外から来る白い小鳥を殺すために・・・。
(おしまい)
The season will change again.
And from that year on, the princess hung the poison apples on the trees in the forest.
…to kill the white birds that might fly into the forest.
 
THE END
 

LOOTONE Artwork 2014

 

"The White Little Bird 1"

絵・文 LOOTONE

Artwork&Story   LOOTONE

 

昔あるところに 小さな森に住む 美しいお姫さまがいました。

森に住む動物たちは 美しいお姫さまが大好きです。

だけど お姫さまは 自分の美しさが永遠でないことに気づいていました。

どうすれば自分が老いて醜くなっても 森の動物たちが ずっと自分のことを好きでいてくれるか・・・

悩み考え抜いたお姫さまは 森の動物たちに ウソをつくことにしました。

Once upon a time, there lived a beautiful princess in a small forest.

The animals in the forest loved the beautiful princess.

One day the princess realized that her beauty is not forever.

Then she wondered if the animals in the forest would love her the same when

she aged and her beauty wares off…

After a long thought, she decided to lie to the animals in the forest.

 

「森の外は空気が汚染されていて とても危険です。

森からは 出てはいけません。

森の中も これから少しづつ空気が汚染されていくでしょう・・・。

汚染された空気を吸わないように みんなでガスマスクをつけて 暮らしましょう。」

美しいお姫さまが大好きな森の動物たちは 疑うこともなく ガスマスクをつけて暮らしました。

“The air outside the forest is polluted, very dangerous

and no one shall leave the forest. We shall all wear a mask as

this forest will be polluted slowly as well.”

The animals that loved the beautiful princess did not

doubt what the princess said and wore a gas mask.

 

ガスマスクをつけたことにより お姫さまの美しいお顔は見えなくなり 森の動物たちの記憶には お姫さまの美しいお顔がずっと残ることになりました。

季節が変わるころ 森の外から 一羽の白い小鳥がやってきました。

誰よりも先に その白い小鳥に気づいたお姫さまは慌てました。

「森の外からやってきた ガスマスクをつけていないあの白い小鳥が 動物たちに見つかると 空気が汚染されていないことがばれてしまう・・・。あの白い小鳥を殺さなきゃ・・・。」

By wearing a gas mask the princess’s beautiful face was covered and her beauty remained

in the animals mind forever.

However, one change of season’s day, a white bird flew in from outside of the forest…

The princess was the first one to see the white bird and panicked,

“If the animals saw the white bird that flew in from outside the forest, they will

find out that the air is not polluted…I must kill that white bird…”

 

雨がやみ 大きな虹が青空に浮かんだ日 お姫さまは白い小鳥に話しかけました。

「こんにちは かわいい小鳥さん、この森に来たことを歓迎するわ。

この森で取れたおいしいリンゴよ。どうぞ召し上がれ。」

喜んだ白い小鳥は お姫さまにお礼をいい そのリンゴを一口 二口 と食べました。

The princess went to talk to the white bird one afternoon,

when the rain stopped and the big rainbow appeared in the blue sky.

“Hello, cute little birdy, I welcome you to the forest.

Here is an apple freshly picked from the forest”,

The white bird was very pleased and after thanking the princess, took a bite.

 

しばらくすると リンゴを食べた白い小鳥は もがき苦しみ 木の枝から地面に ぽとり と落ちて死にました。

After a while, the white bird that ate the apple started to struggle in pain,

fell from the tree and died.

 

 

白い小鳥が食べたリンゴは、お姫さまが雨の日に作った 毒入りのリンゴでした。

リンゴを隠し お姫さまは 死んだ白い小鳥のそばに 森の動物たちを集めて言いました。

「ほら 空気が汚染されているでしょう。ガスマスクをはずすと死んじゃうから ガスマスクはつけたままで暮らすのよ。」

死んだ一羽の白い小鳥をみて 本当に空気が汚染されていると思った 森の動物たちは それからも ずっとガスマスクをつけて お姫様といっしょに暮らしました。

The apple that the white bird ate was a poisoned apple princess made on rainy day.

The princess hid the apple and gathered the animals.

“See, the air is polluted, never take off the gas mask or else you will die too”, said the princess.

The animals believed that the air was polluted from the look of the dead white bird and lived

with the gas mask ever after with the princess.

 

 

また 季節が変わります。

 

 

白い小鳥が死んだ 次の年から お姫様が作ったたくさんの毒入りのリンゴが 森の木々の枝に ぶら下がります。

森の外から来る白い小鳥を殺すために・・・。

(おしまい)

The season will change again.

And from that year on, the princess hung the poison apples on the trees in the forest.

…to kill the white birds that might fly into the forest.

 

THE END

 

LOOTONE Artwork 2014

”Jimi Hendrix”

Acrylic painting

www.lootone.com

LOOTONE Artwork 2014


”Jimi Hendrix”


Acrylic painting

www.lootone.com